記事一覧

手巻きムーブメントの世界最薄記録という問題がある。

"さらに、最薄ムーブメントの世界記録も一枚岩ではない。センターローターの自動巻きムーブメントではCal.2120/21が世界最薄記録保持機だが、マイクロローター(ローターがムーブメント地板と同じレイヤーに収まっている形態)のムーブメントでは、ブルガリによるBVL 138 フィニッシモのキャリバーが2.23mmで世界最薄記録を保持する。さらに、ペリフェラルローターの自動巻きムーブメントの土俵にも世界記録が存在する。

2022新作 ブルガリ オクト フィニッシモ ミニッツリピーター SAP103279

オクト フィニッシモ ミニッツリピーター
Ref:SAP103279
ケース径:40.0mm
ケース厚:6.9mm
ケース素材:18Kピンクゴールド(サンドブラスト仕上げ)
防水性:30m
ストラップ:ブラウンアリゲーター、18Kピンクゴールド製アーディヨンバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.BVL 362、約42時間パワーリザーブ、毎時21,600振動、36石
仕様:時・分・秒(スモールセコンド)表示、ミニッツリピーター、コート・ド・ジュネーブ、シースルーケースバック

そして、手巻きムーブメントの世界最薄記録という問題がある。シンプルな機構と複雑機構の両方に世界記録がある。ブルガリは複雑時計においても、世界最薄のトゥールビヨン(ケースとムーブメント両方)や世界最薄のミニッツリピーター(同)などの世界記録を保有している。しかし、何を絶対的な世界記録とすることがどれほど難しいかを知るために、リピーターの世界記録を例に見てみよう。

ブルガリ オクト フィニッシモ ミニッツリピーターのムーブメントBVL362の厚さはわずか3.12mmで、オクト フィニッシモが登場するまでは世界最薄のリピータームーブメントだったヴァシュロン・コンスタンタンのパトリモニー コンテンポラリーミニッツリピーターCal.1731の3.90mmより0.78mmだけ薄い。さらに厄介なのは、ヴァシュロンのRef. 4261(製造年:1943年~1951年、36本製造)は厚さ3.10mm仕様のムーブメントを搭載していた。さらに、1981年にはジェラルド・ジェンタがケースを含めて厚さ2.72mmのミニッツリピーターを発表しているのだから、なおさらである。この時計のムーブメントの寸法を調べたことはないが、2.72mmよりも薄いことは間違いないだろう。

【関連記事】:http://www.scrum-2004.net/space/diary.cgi


"

女性の日常を彩るふたつの“セルペンティ”が新たな表情を宿して

「ブルガリ」の象徴である”セルペンティ”のなかでも、働く女性たちの手元を彩り、ともに時を刻んでいくにふさわしい“セルペンティ トゥボガス”と“セルペンティ セドゥットーリ”。それぞれ新たなアプローチで、この偉大なアイコンの可能性をさらに広げました。

まずは、“セルペンティ トゥボガス”。日常に寄り添うシングルスパイラルのモデルが、イエローゴールド回帰を果たしました!

80〜90年代の華やかなムードを象徴するイエローゴールド。2000年代に入ってから、ウォッチ&ジュエリー界ではピンクやローズゴールドが台頭し、現在に至りますが、これからイエローゴールドがじわじわと復権を果たしそうな気配が漂っています。

実は世界的にもずっとニーズが高く、潜在的にイエローゴールドを望んでいたFashion世代も多いのでは?
今回、「ブルガリ」がメゾンのシグネチャーにイエローゴールドを採用したことは、時計界の今後のトレンドにも影響を与えることでしょう。

ブルガリスーパーコピー セルペンティ SPP35BGDG.1T

型番SPP35BGDG.1T
機械クォーツ
材質名ピンクゴールド
ブレス・ストラップブレス
宝石ダイヤモンド
タイプレディース
カラーブラック
ケースサイズ31.5×23.0mm
付属品内箱
外箱
ギャランティー
一時代を築いたスネークが帰ってきました。
SERPENTI(セルペンティ)はそのものズバリのヘビの意味で、らせん形のフォルムを持つのが特徴。
治癒のパワーを持つと言われ、ギリシャ時代から愛されてきたスネークのモチーフは、歴史的な彫刻にも多く残っており、ギリシャ出身のブルガリ家に相応しいものといえます。
ブルガリならではのバングルウォッチで「治癒のパワー」をその手にいかがでしょうか。

これまでのホワイトダイヤルからドラマティックに変化したその表情は、妖艶かつシャープ。六角形のパーツが連なるブレスレットとのグラマラスなバランス、リュウズにあしらわれたカボションカットのピンクルベライトとのコントラストが際立ち、官能的な雰囲気を漂わせます。

ブルガリのシグネチャーである『セルペンティ』だけでも、これほど豊かなクリエイティビティを発揮したブルガリ。とても1回だけではお伝えしきれないので、前後編と2回に分けてお届けします。

後編は、高度な複雑機構を搭載したコンプリケーションを豪奢な宝石で彩った、ローマンハイジュエラーならではの作品(もはや芸術品の粋!)をご紹介する予定です。

ラファエル・ナダル、リシャール・ミルを着用して史上最多の21回めのグランドスラムを達成

背水の陣で、時計とともに大逆転を果たしたのだ。

ラファエル・ナダル(Rafael Nadal)は今、スポーツ史上最も偉大な男子テニス選手となった。先日、彼は全豪オープン男子決勝でダニル・メドベージェフ(Daniil Medvedev)を破り、男子史上最多の21勝というグランドスラムタイトルを獲得し、その地位を確固たるものにした(これは彼と同世代のロジャー・フェデラー(Roger Federer)やノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)よりも1勝多い)。

しかも、2セット先取された状態から、この偉業を成し遂げたのだ。その勝負強さもさることながら、何が決め手となったのだろう? もちろん、我々にとっては時計である。彼は、いつもそうであるように、この試合の間リシャール・ミル(RM)を腕につけたままプレーを続けた。家で採点していた人なら、5時間半も腕時計をしたままテニスをしたとわかったはずだ。

リシャールミル ナダル偽物 RM 27-04 トゥールビヨン ラファエル・ナダル

2010年にリシャール・ミルは、ラファエル・ナダルとのパートナーシップを発表。手にした瞬間に笑ってしまうほど超軽量なRM 027は、ありえないほどの力が加わるナダルの腕の上という、過酷な環境にも耐えうるタフさと、水にも浮かぶほどの軽さを兼ね備えた驚異的なモデルだ。ナダルとリシャール・ミルの10周年を記念して、RM 027は5代目となるRM 27-04を発表したのだ。

2013年のRM27-01、2015年の27-02、2017年の27-03、そして新作の見事なRM27-04が登場。その仕様は一般的なものと比較するとまるでスーパーカーのようにも見える。ケースは、"TitaCarb"と呼ばれる新素材で作られており、過去作と同様に、ナダルがテニスをプレーしている最中に着用するよう設計されている。

スティール製ケーブルの編み方はテニスラケットにインスパイアされており、ラケットのように見せているだけでなく、プロのテニスプレイヤーが受ける衝撃やGにも対応できるように、ムーブメントを支える構造に工夫をした。

そして、これはただのRMではなく、RNの…ラファエル・ナダルのRMだったのだ。リシャール・ミル RM 27-04 トゥールビヨン ラファエル・ナダルは、ブルーのストラップとオレンジのリューズが特徴的だ。フロントとバックのサファイアクリスタルは、文字通りテニスのストリングをイメージしたスティール製ケーブルで覆われ、そこからなかのムーブメントを見ることができる。この時計は、最高の軽さとグランドスラムでの勝利を目指し、“TitaCarb®(リシャール・ミル独自の新素材)”で鍛造されている。この時計の詳細については、ジェームズ・ステイシーの記事を。

ナダルがいつまで頂上に立っているかは誰にもわからない。“他の選手たち”は、グランドスラム1勝分後ろにいるだけだが、今日の主役は彼であり、彼の時計もそうなのだ。