記事一覧

タグ・ホイヤー オータヴィア GMT - ローガン・ベイカー

私は、タグ・ホイヤーのCal.ホイヤー02ムーブメントの大ファンであることを公言してきた。多くの意味で、このムーブメントは現代における理想的なクロノグラフムーブメントであり、ホイヤーのクロノグラフ製造における素晴らしい伝統を現代的に表現したものだと考えている。

ホイヤーのヴィンテージクロノグラフのなかで、私の愛してやまないホイヤー ケンタッキーと並んで大好きなのが、赤と青の「ペプシ」風ベゼルを備えたオータヴィア GMTだ。色使いがとても魅力的で、あらゆる意味で賑やかで、とてもお気に入りなのだ。そして、2018年にタグ・ホイヤーがフラッグシップのスケルトンモデル カレラにローカルジャンピングアワーを備えた「真の」GMTモジュールを追加したのを見て以来、私はその復活を待ち望んでいるのである。

上のレンダリング画像では、タグ・ホイヤーがフラグメントデザインと藤原ヒロシとのコラボレーションによるフォーミュラ1で使用した現代的なC型ケースを引っ張り出し、数年前にHODINKEEショップで販売したヴィンテージの例から文字盤とベゼルを引っ張り出してきた。私が見る限り、この時計は100%実現可能なものだ。そして、今すぐ腕にはめたいと思っている。

【関連記事】:https://bookmess.com/u/kckacopy73